コレラ

海

コレラは6 世紀における紀元前インドでも知られ、ガンジスの流域で流行しました。

19世紀はさらに、病気のいくつかの波のように広がりヨーロッパに到達し、蒸気船の発達は蔓延を広め、全世界で1831年から1832年で発生し、衛生の低い国々で流行しました。

歴史的に見られる疾患の病波を区別することができる。

現在の(第7)流行の波が始まった1961年に南アジアとさらにアフリカや南アメリカに広がった。

1991年以来、コレラは、主に発生した南米(ペルー)、東南アジア(インドネシア)およびアフリカで危険領域に移動することによって感染します。

原因

細菌:コレラでは、原因はすでに長い間知られコレラ菌はコレラの病原体の正確な名前です。

病原体

特に2病原体のグループコレラ菌の(血清群と呼ばれる)は、感染症の原因として見られる。

現在コレラ症例の大部分の原因で1992年以降もの細菌が広がっ血清群O139を病気につながる。

唯一の貯水池である細菌で、他の病原体は、コウモリやサルなどの特定の種では、通常は人間だけに定着するのがコレラ病原体である。

人がコレラを生き延びたとしても、後数ヶ月に病原体を数週間を排泄することができます。

病原体の感染や病気の発生(いわゆる潜伏期間)の間の時間は、コレラにあり、数時間に5日間、通常、最初の症状は2〜3日後に発生する。

コレラの病原体は、排泄を通して入る汚染された水や汚染された食品のヒトの消化管での塩酸胃(胃酸は)酸に不安定なコレラの病原体のほとんどを殺します。

そこでコレラ感染にのみ発生し、多数の病原体のが体に入る。

症状

コレラの症状として最初に現れる症状は:

吐き気

水性の下痢

腹痛

嘔吐

コレラ患者の重症例では日あたりの流体の20リットルまで体が乾燥する脱水症状になります。

コレラ下痢で脱水症状が発生し、多くの場合、コレラの過程で、次に強いかもしれ筋肉のけいれんに、子牛における腎不全や循環虚脱に来る。

血液は、それが小さいで、流体の損失によってそう強く厚くすることができ、血栓症が発生する。

コレラの重症型は2〜3時間以内に既に後に、関係者は症状が出る。

コレラの非常に深刻なケースでは、患者が死ぬ前に下痢などの症状が発生していない。

治療

コレラ治療は、失われた水分の交換、電解質と糖(グルコース)が大切です。

充分な輸液量が利用できない地域で治療のために、WHOは塩とグルコース含有飲料ソリューションを開発しました。

これは、次の成分で構成されています。

グルコース

クエン酸ナトリウム

塩化ナトリウム

塩化カリウム

溶液中のグルコースは、小腸細胞内へのナトリウムイオンの取り込みを促進する。

ナトリウムイオン、グルコースは細胞内で、続いて水では、細胞が再び良く水和し、液体の損失を補充します。

コレラ患者の重症例では、液体の膨大な量を失うため、その後、点滴に静脈損失を補償するために必要です。